麻布十番駅7番出口から徒歩4分。
タイ古式マッサージとアロマトリートメントのシルキータッチ

こんにちは!セラピストの石井です♪

腸にとっていい食べ物のといったら発酵食品、乳酸菌。

発酵食品の代表といったら「ヨーグルト」です!

お肌にもよく、便秘の解消にもなりますし、腸にいい食品の王様です。

せっかく食べるなら、一番効果的なタイミングで、一番効果的な食べ方をしたいですよね?

どのタイミングでヨーグルトを食べるのが腸にいいのか?

ヨーグルトを食べるタイミングは、求めたい効果によって変わります。

便秘を解消したいと考える人は食後、ダイエットなら食前と言われてきました。

ですが、ヨーグルトの効果が最大限発揮できるタイミングは食事する前でも、ごはんを食べた後でもありません。

腸のゴールデンタイムと言われている、22時~2時がベストなんです。

その時間帯は腸の働きが最も活発になります。

腸内環境の改善が期待出来るヨーグルトの効果を食べて寝ることで、朝にすっきり老廃物を外に出すことが出来るのです。

合わせて気をつけたいのが、食べる量です。

大体200gが理想的です。

カロリーを考えると、砂糖が含まれていないプレーンタイプがいいでしょう。

ヨーグルトを食べる際は、出来るだけ夕食は少なめにするように意識してくださいね。

ヨーグルトを食べた後に、腸ストレッチするとより効果が期待できます。腕を頭の上で交差させ、手のひらを合わせる。
腸を意識しながら、左右に倒れたりと上半身を大きく動かすだけなので簡単です。

せっかく腸にいいヨーグルトを食べても、体が冷えていたら効果がありません。

ですから、ヨーグルトをレンジでチンをして、少し温めて食べるようにしてみてください。

温めてあげると胃腸が活発に働いてくれます。

カルシウムの吸収がたかめられるので、脂肪を溜め込まない体質になっていきます。

腸を冷やさないことで内臓機能の低下を防ぐことにもつながりますし、便通がより良くなるため美肌効果もあります!!

ヨーグルトを食べることで得られる免疫力もパワーアップいたします。

ホットヨーグルート、美腸を目指されている人はぜひ召し上がってみてください。

胃腸を元気にして、冷え性を改善していきたいですね!!

 

 

 

麻布十番 マッサージ シルキータッチ

住所 〒106-0046  東京都港区元麻布3-10-9-301 
電話 03-3470-5150
営業時間 11:00~22:00(最終受付20:00)
定休日  不定休