麻布十番駅7番出口から徒歩4分。
アロマトリートメントのシルキータッチ

こんにちは!セラピストの石井です♪

女性の理想体温は、36.5~37.0度といわれています。ところが、いま体温が35度台の「低体温症」の人が増えています。

体温が1度下がると、代謝が10~20%、免疫力は30%も落ちるといわれています。ウイルスや紫外線など体が日常さらされている攻撃に対象する機能ははたらきにくくなり、影響をうけやすくなってしまいます。また体温が下がると血液の流れが滞り、栄養も酸素もいきわたらくなります。そこに老廃物がたまると、これによって病期や老化が進んでしまいます。女性は生理痛や不妊の原因になり、お肌のトラブルも・・・・。ほおおっておけない「1度」なのです。「温活」で体温を1度上げると免疫力がよみがえり、老化や病気を回復できる!日ごろから体を温める活動、それが「温活」です。

biwa_onkyu_woman[1]

 

 

 

 

 

 

分厚い服を一枚より、重ね着してあったか小物でちょこちょこ微調整するのがコツ。着膨れして見えず、バッグにもかさばりません。外出時でも冷えを感じたらすぐ、ショールを膝に掛けたり、トイレでささっとレッグウォーマーを装着したり、カイロを入れたりするといいですよ。外出時の使い捨てカイロは貼らないタイプのほうが、ずらしたりはずしたりできて便利です。

そして夜は、38℃くらいのぬるめのお風呂でリラ〜ックス! 交感神経に入ったスイッチを副交感神経に切り替えましょう。日中のストレスでギュギュッと締まった血管がゆるんで、血流が良くなりリンパ球も増えて、風邪がよくなったりガンなどの病気の回復にもつながるそうです。お風呂からあがったら、決してパソコンなど開かずリラックスしたまますぐに寝るのが正解。湯たんぽを入れるのもいいですね。

2.体の内側から温める

じかに内臓を温めてくれるホットドリンク。その中でも、白湯は「温活」に最適です。食前に飲むと、消化・吸収をたすけ代謝を上げる効果もあります。コーヒーなどカフェインの入ったドリンクは、交感神経を刺激してしまうので注意してくださいね。

食べ物にも陰陽があるのをご存知でしょうか。バランスのとれた中庸の穀物と野菜中心の食事をしていると、自然と体を冷やす食べ物が欲しくなくなるといいます。
体を冷やす陰性の食べ物とは、白砂糖・日本酒以外のアルコール類・ジュース類・完熟していない果物・食品添加物など。タバコも陰性です。また、肉など極陽性の食べ物も、反動で冷たいものが欲しくなるので注意が必要です。ステーキに生野菜サラダにアイスクリームのフルーツ添え、といったメニューよりも、玄米または五分づき・七分づき米に具だくさんお味噌汁の和定食、のほうが「温活」に向いているということですね。
ショウガやニンニク、ネギ、シソ、山椒など、体を温めてくれる頼りがいがある薬味系も上手にとり入れてみましょう。また同じ食材でも、生のままより熱を加えたほうがよいそうですよ。

3.体をうごかす

運動して、熱をつくる筋肉の量を増やしましょう。
スポーツする暇なんかない!という人も、エレベーターのかわりに階段を使うとか、歩くだけだってよいのです。ついでに少し歩幅を広くしてみたり腕を大きく振ってみたりすると、効果がアップしますよ!

ヨガなどの深い呼吸は、自立神経をととのえます。吐くほうを意識してみてください。仕事や勉強の合間に手首や足首をグルグルまわしたり、ツボ押しや指圧でリラックスするのもいいですね。

日常こまめに体を温めることで、大きな差が出る「温活」。
老若男女冷えている現代日本、日常の生活をほんの意識をすることで、体温が1度上がります。ぜひ温活をはじめてみませんか。

おひとりで体をうごかすことができない時は、アロマのトリートメントもお勧めです。

麻布十番 マッサージ シルキータッチ

住所 〒106-0046  東京都港区元麻布3-10-9-301
電話 03-3470-5150
営業時間 11:00~22:00(最終受付20:00)
定休日  不定休